ピラティス「REBORN」スタッフブログ
名古屋・栄のピラティススタジオ「REBORN」
インストラクターとスタッフによるブログです

<< 出産体験記〜陣痛の始まり〜 | main |

出産体験記〜陣痛経過〜

緑が色濃くなってきましたね🍀


こんにちは😃

REBORNスタッフのSanaeです。

娘はお陰さまですくすくと、生後3ヶ月になろうとしています👶

最近は色んな表情が出始め、たくさんお話もしてくれるようになってきました🙆


さて本日は、前回の陣痛の始まりの続きをお話しさせていただこうと思います❤️

(※前回のblogはこちらhttp://reborn-staff.jugem.jp/?eid=985)


午前1時頃に病院に着き、機械を装着して様子を見ることになった陣痛は、1時間置きに着実に進んでいきました❗


☆午前2時頃、子宮口3,5僂箸修慮きが後方から前方へ変わって来ました。

痛みは、10分から7分間隔できゅ〜とお腹が収縮する感覚です。


☆午前3時頃、子宮口4僉

陣痛は5分間隔で、いよいよ吐く呼吸で痛みを逃がすほどの強さになってきました。ただ、まだ痛みが和らいだときは話す余裕がありました。


☆午前4時頃、子宮口6僉陣痛は、2〜3分間隔で痛みの波が来たとき、顔がぐっとしかめっ面になるように。

呼吸は、より深く長く吐くことに集中しました。


☆午前5時頃、子宮口8僉

助産師さんから、分娩の準備に入ります。と、それまでのフリースタイルからいよいよ分娩スタイルへ。


陣痛は、言葉は出ず吐く呼吸で精一杯の状態です。腰を擦って下さる助産師さんの手がとても温かく、安心出来ました🙆


分娩スタイルへ移動後、「もう擦ってもらえないのか😢」と、何とか吐く呼吸で痛みを逃がしていたその時、「パチン」。

「今、破水したね」と、助産師さん。


「ここから息みたくなってくるからね。」とのお言葉通り、それまでは吐く呼吸で何とか逃がせていた痛みはピークに達し、「う〜ん」と自然とうなり声が出るほどに。

この時、子宮口は全開。


その13分後、無事に出産に至ったのですが、この13分が1番大変でした‼️

出産までいよいよとなったこの13分、そのお話は次回たっぷりと❤️させていただきたいと思います😊


サナエの日記 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする